僕が休学を決めた3つの理由【前半】

休学を決めてから、いろんな人に聞かれました。
「どうして休学することにしたの?」
簡単に言うと、自分やりたいことを大学の外で見つけたからです。

ですが、その他にも要因となったことはいくつかあります。

今、休学をしようか悩んでいる方は共感できる部分があると思いますので是非読んでいただきたいです。

大学を休学してまでやりたいこと

僕は受験勉強をしていた高校生の頃から、自分の幸せについて真剣に考えてきました。
はっきりと決まっているわけではありませんが、軸として持ってるものはあります。

それは、以下の通りです。

プライベート:家族・友人との時間を一番大切にできる人になる。【前半】

仕事(短期的視点):パソコン1台で世界を飛び回りながら、生計を立てる。【後半】

仕事(長期的視点):社会の面白さ・世界の素晴らしさを伝えて、将来に対するワクワクを与える。【後半】

僕がこのように考えるようになったのにはいくつか要因があります。

家族・友人との時間を一番大切にできる人になる。

僕が幸せを感じる瞬間、それは…おばあちゃんの家で親戚一同集まって会話をしながら食事をする瞬間です。
「そんなの当たり前のことじゃん。」と思うかもしれません。
しかし、僕にとっては当たり前のことではありません。

僕の両親は僕が中学2年生の時に離婚しました。
それから母の仕事の関係で、僕はご飯を1人で食べることが多くなりました。
家に帰るとリビングの電気をつけて、電子レンジでご飯を食べる。
そんな生活の繰り返しでした。
そのため、たまに親戚が集まって大人数で食べるご飯がとても好きでした。
今でももちろん好きですし、幸せを感じる瞬間だな。と心から思います。

その経験があり、僕は家族・友人との時間を一番大切にできる人になると志すようになりました。
そんな人になるためにも、経済的にも時間的にも縛られずに生きていく道を歩むことが僕には必要です。

パソコン1台で世界を飛び回りながら、生計を立てる。


高校1年生の時、僕の海外志向は目覚めました!
高校の姉妹校交流で10日間オーストラリアにホームステイをしに行く機会がありました。
物心ついてから初めての海外経験だったため、そこでたくさんの刺激をもらいました!
りんごをかじるライフスタイル。モーニングティーという文化。家の庭でバイクを乗り回す身長185cm、中学3年のホストブラザー。「Yeah!」しか言えない自分。。。
英語は話せなかったものの、日本とは違う多くのものに興奮し、刺激され、とても新鮮な気持ちになりました!

大学生になってもう一度オーストラリアに行って、英語のリベンジをして、去年の夏にはヨーロッパ1人旅、タイ・カンボジア海外インターンなどで多くの国に訪れてきて、やはり、自分は海外が好きだな。と感じました。
次第に海外を旅しながら生きる生き方に憧れ、その生き方を叶えるヒントがPCにある。というのを知り、
今ではその生き方を実現するためにPCスキルを磨いています。
この方法やスキルというのは大学では学ばないですからね!

とはいえ、パソコンで稼ぐ方法はたくさんあります。
このことに関してはまたの機会に書きます。

社会の面白さ・世界の素晴らしさを伝えて、ワクワクメーカーになる。


高校1年生の時、僕は海外に興味を持ちました。
そのきっかけを与えてくれたのが当時の高校の英語の先生でした。
その先生は授業の合間に学生時代の話や社会についての話をよくしてくれる人で、毎回とてもワクワクして先生の話を聞いていたのを今でも覚えています。
特に僕は先生が学生時代にしたヨーロッパバックパックの旅の話がとても印象に残りました。
それまで海外に関する情報が全くなく、異世界に感じていた自分にとってその話はとても刺激的でした。

そこで刺激をもらい、その年にオーストラリアに行き、それ以来、海外は僕の生きる軸で大切なものとなりました。

僕はその先生にとても感謝しています。
その先生のようによい影響・ワクワクを与えられる人になりたいと思っています。

以下まとめ

要するに・・・

海外飛び回って、時間に縛られず家族と過ごして、なおかつ面白い経験を人に伝えられるようになるためには、
まずは、時間に縛られずにお金を稼げる価値のある人になること。
そして、普通の人があまりしないようなことにチャレンジすること。
が大切だと思ったので、大学を一度通うのをストップして、価値のある人財になろうと思いました!

続きは後半で。。!

ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

谷野龍之介(やの りゅうのすけ) 

1996年神奈川県座間市生まれ

神奈川県厚木高校卒業
、明治大学経営学部2年(休学中) 

ITベンチャーにてWebデザイナーとしてインターン修了後、「旅するように生きる」人向けのサービスを開発しながら、自身もその生き方を目指す。
これまで訪れた国:オーストラリア、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、エストニア、カンボジア、タイ、フィリピン