勉強は楽しい!学校に通って学ぶだけが全てではない。

勉強と聞くと、マイナスな印象を持つ方が多くいるかと思います。
僕も学校でやるような従来の勉強は嫌いです。なぜなら、学んだことを生かす場がほぼないからです。

では、学んだことを生かせれば勉強は楽しいのか?
結論から言うと、めっっちゃ楽しいです。
まさに、敵を倒すためにパンチやキック、必殺技の方法を手を動かしながら覚えるゲームのような感覚です。

インターンをしてから特にそのように感じたので、まとめてみました。

インプット中心の勉強は楽しい…?


これまで学校で受けてきた教育はインプット中心でした。
学校で学んだことを社会で活かす場面がない、もしくは知らない状態で勉強をします。
そのため、勉強がなににつながっているのかが分かりづらく、嫌々勉強をしていた人が多いと思います。
テストでいい点を取れば、親に褒められる。お小遣いがもらえる。というモチベーションで小さい時は勉強が捗るかもしれませんが、大学生になると、そういったモチベーションもなくなっていきます。

その結果として、ラクたんと呼ばれるものを見つけ出しては、授業を乗り切る。
よく聞く話ですね。笑
それでは自分の成長に繋がらないですし、何より、勉強の本来の楽しさを知らないままでは 人生損しています。

アウトプット中心の勉強は楽しい!


アウトプット中心の実践的な勉強は楽しいです!

インターンで学ぶことが1つのよい例です。

Webデザイナーとしてインターンをし始めた頃、チラシの作成を頼まれることがありました。
チラシなんて作ったことがなかったので、できるのかなと不安でしたが、ネットで作り方を調べたり、会社の先輩に教えていただいたり、ネットで調べて勉強して、なんとか作ることができました。
このとき、学んだことがすぐ成果につながる勉強というものがとても楽しく思えました。

「チラシを作る」という目的がはっきりとあるため、学ぶべきものが明確になり、学んだものをすぐに生かすことができる。

学んだものをすぐに生かせるから成長を実感でき、モチベーションも上がる。

モチベーションが上がると、勉強が捗り、さらに成果も出る。

このように勉強の好循環ループに入ってしまうと、もう勉強の虜になってしまいます。

楽しく勉強ができ、自分の成長にもつながるなんて最高ではないでしょうか!?

インターンは一つの例ですが、しっかりと成果が目に見える目標を立てて、それを達成するために勉強すると楽しいと思います!

ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

谷野龍之介(やの りゅうのすけ) 

1996年神奈川県座間市生まれ

神奈川県厚木高校卒業
、明治大学経営学部2年(休学中) 

ITベンチャーにてWebデザイナーとしてインターン修了後、「旅するように生きる」人向けのサービスを開発しながら、自身もその生き方を目指す。
これまで訪れた国:オーストラリア、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、エストニア、カンボジア、タイ、フィリピン